気ままに生きる/無理をしない生き方の模索

双極性障害に鬱病ダメ人間  ポンコツでもいいじゃん 失敗や不幸を書いていきます

低収入施設警備員1月の収支 飼猫が回復してきました。

50歳低収入施設警備員です。
f:id:russellwata:20240203110805j:image

 


f:id:russellwata:20240215083943j:imagef:id:russellwata:20240215083957j:image

1月の収支は赤字です。

猫が腎臓病になり治療費がかなりかかりました。保険にも入っておらず、実費なのでしょうがないです。

低収入施設警備員で手取り14万円台なので、かなり苦戦しています。しかし、なにかあった時のために現金が130万円程ありますので、これを治療費に当てます。

飼猫が腎臓病になりました。治療費が心配です。 - 気ままに生きる/無理をしない生き方の模索

 

血液検査の結果もでて治療の方針も決まりました。また、自ら餌を食べなくて体重が減る一方で、一時はこのまま静かに亡くなるのを見守ろうかと考えました。強制給餌しましたが、嫌がっていました。しかし、少しずつですが、自ら餌を食べ始めて回復してきました。ただ、餌を食べる量はすくないです。

 

さて、人生なにがあるかわかりません。だから、投資だったり、副業をしたり、貯金や資産を増やすことって大事ですよね。

今回、飼い猫が病気になり死ぬ間際でパニックになりました。同時に高額な治療費にもうろたえました。人間の医療保険はいらないと思いますが、ペットの保険は必要かとおもいます。治療費は猫の症状が安定してくれば、減ってくるはずです。

 

暫く猫治療のため、収支は大幅に赤字になりそうです。

 

しかし、総資産は株高、ドル高もあり前月比+135万円でした。幸い資産が増えてきてるため、かなりの出費でも耐えられそうです。

 

思えばここ8年位、資産を増やしセミリタイアをするため大きな出費はありませんでした。よく頑張ってきたと思います。

 

 

 

 

 

 

配当金の初めての確定申告 申告しようか迷ってます。

50歳低収入施設警備員です。

 

昨年、配当金収入が特定口座で44万円ほどありました。また、株式の売買益が18万円程です。

 

今年から確定申告をして外国税額控除と配当控除を受けようと思い、PCとスマホを使い給与や配当金の情報を入力しました。

 

その結果、総合課税で申告した場合、還付金が56千円。分離課税で申告した場合、還付金が15千円となりました。

但し、今年から税制が改悪となり、配当所得や売買益を総合課税で申告すると、住民税も総合課税で計算されることになり、今年支払う住民税が多くなります。

 

私のざっくりとした計算では、総合課税申告すると住民税が35千円程上がることが予想されます。還付金と差額の2万円程が確定申告した利益となるはずです。

 

昨年申告していれば、還付金の56千円がまるまる利益になったはずです。

 

かなりの税制改悪と増税ですね。

多分、影響を受ける人が少ないので、この制度の改悪で怒る人の声があまり聞かれないのだと思います。

 

ちなみに分離課税で申告すれば住民税に影響を受けないのか、市役所に聞きに行きました。答えは影響を受けるとのことです。

ここらへんは、YouTubeやネットで調べましたが、正直わからないです。かなり複雑で人により解釈がことなるのでしょうか?

 

さらに私はつなぎ売りをして優待を獲得しています。何度かやめると言いましたが、懲りずに優待を獲得しています。優待を使って普段あまりいかない飲食店で食事をすることが、新鮮で楽しいです。

 

このつなぎ売りで配当金収入が発生してしまいます。実際は配当調整金と相殺されるのですが。私の解釈だと、つなぎ売りの配当金は実際は相殺されるのですが、総合課税で配当を申告すると、これら所得が増えるので、結果的に住民税が増えてしまうことになります。この考え方はあっているかな?

 

何れにしろ、実質2万円の還付のために面倒な確定申告をするのか?

2万円は小さくないので、住民税が多少上がっても確定申告するか?です。

 

私は少しでも住民税があがるのが、気持ちわるいです。だったら、確定申告をやめようかななんて考えています。

 

 

 

 

 

 

 

吉野家で優待券を使って来ました。飼い猫が病気で私もダメージがあります

50歳施設警備員です。

猫が餌を食べなくなりました。

飼猫が腎臓病になりました。治療費が心配です。 - 気ままに生きる/無理をしない生き方の模索

 

正直、嫌なフルタイムの仕事を引退して、あまりストレスがかからないと思っていました。パニクってます。

 

さて、とても飯を作る気になれないので、優待券を使って吉野家で食事をしてきました。


f:id:russellwata:20240128180603j:image

 

今肉の増量無料です。

また19時以降にいくと翌日使える200円引き券がもらえます。

 

翌日も吉野家へ行きカレーを食べてきました


f:id:russellwata:20240128180838j:image

唐揚げは美味しかったです。

 

残りの優待券は2000円分です。

猫の件が落ち着いたらまた吉野家を利用します。

 

 

飼猫が腎臓病になりました。治療費が心配です。

50歳定収入施設警備員です。

飼猫が腎臓病になりました。


f:id:russellwata:20240128095605j:image

 

全く餌を食べなくなりました。

動物病院へ行ったところ、腎臓病であることは間違いなさそうです。

 

餌を食べないし、治療しなければ多分死ぬのを待つだけなので、治療するしかありません。

 

問題は治療費です。

なにせ手取り収入13万円台です。一番怖いのは資産が減っていくことです。

正直、パニックになりそうです。

冷静になるために整理します。

配当金が年に40万円くらいで生活余剰資金が年間35万円、合計75万円です。また、余剰資金の現金が100万円ちょいあるので、最悪の場合、これをあてます。

 

いずれにしても月6万円位なら継続的に治療費として当てられます。後は動物病院と相談します。

ただ、既に猫自身で餌を食べなくなっています。これはどうしようもないのかなと思います。

 

正直、10〜15年前の自分では治療費は払えませんでした。猫も自分も若くて元気な時はペットがいることは良いことばかりです。しかし、当時は老いたり、病気になることは考えられませんでした。若いころは高齢になってポンコツになることって想像できないですよね。

だから軽々しく生き物を飼うことは控えたほうがよいですね。

 

ペットが亡くなることが現実になったとき、精神的に、金銭的に厳しくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

前職の元同僚が鬱で休職してるようです

50歳低収入施設警備員です。

 

今も飲み会に呼んでもらっている前職の元同僚が鬱で休職しているようです。

元同僚のAは体育会系で身体も大きく、体力もあり鬱とは無縁のように思われました。しかし、リーダーになり責任も大きくなり、仕事の負荷が過大になっていたかもしれません。

 

元同僚Aには奥さんに子供2人がおり、住宅ローンもあります。

私だったら独身なので速攻で逃げる選択をします。

問題はAが回復したとして、同じ職場で同じ仕事をしたらまた鬱の症状がでるのでしょう。その辺がどうなるのか見守りたいです。

 

前職の工場は離職率も高くホワイト企業とはほど遠い会社です。だから元同僚達もこの会社で働く事にネガティブな感情をいだいています。

 

私は退職できてよかったです。

 

 

 

 

低収入施設警備員 サンマルクHD 株価好調です

50歳低収入施設警備員です。


f:id:russellwata:20240114133056j:image

 

優待目当てに昨年の3月位にサンマルクHDの株を購入しました。


f:id:russellwata:20240114133256j:image

現在株価はなかなか好調です。優待目当てに購入した株なので、多少の含み損があっても長期保有するつもりで購入しました。嬉しい誤算です。

 

サンマルクカフェが近くにあるためよく利用するのですが、ドリンクもパンも昔に比べ値上げされています。なにせ額面年収230万円の低収入中高年男性には、パン一つ気軽に買えなくなりました。

 

しかし、100株保有の弱小株主にとっては、値上げが受け入れられ売上が好調なのは望ましいことです。

現在の一株当たりの年間配当金は50円と、飲食業にしては多いですね。

 

 

 

2023年の配当収入は39万円(税引き後)です。

50歳低収入施設警備員です。

2023年の配当収入をまとめました。

 

楽天証券が1ドル140円で計算すると27000円程度です。
f:id:russellwata:20240114111543j:image

 

SBI証券は362000円です。
f:id:russellwata:20240114111753j:image

こちらも1ドル140円台で計算されているようです。

SBI証券ではつなぎ売りの配当金調整金がひかれていますが、実際は株の売買益と相殺され税金分が還付されています。また、今年から外国税額控除と配当控除を受けるため、還付金がもらえるはずです。

 

因みに2021年の配当収入は10万円強でした。

https://russellwata.hatenablog.com/entry/2022/01/10/153652

 

資産も増えきて、高配当株もコツコツ買いましています。配当収入で生きていくにはまだまだ少ないです。しかし、地道に配当金の再投資で資産や配当金を増やすことって大事だと考えます。中高年の運動と同じで継続や積み重ねが効いてきますよね。